結婚にまつわる豆知識|結婚指輪は愛の証となるもの|二人に似合うものを選ぶ

結婚指輪は愛の証となるもの|二人に似合うものを選ぶ

フラワー

結婚にまつわる豆知識

ウェディング

プロポーズと指輪

婚約指輪(エンゲージリング)は、男性がプロポーズの際に女性へ贈る指輪です。文字通り、婚約の証となる指輪ですね。婚約指輪の歴史は古く、遡れば古代ローマ時代から始まったと言われます。この頃はロマンチックな愛の品と言うよりも、結婚という契約の履行を誓う証としての意味が強かったようです。形態も最初は鉄の輪に始まり、2世紀ごろに純金の輪になったとされています。やがて中世ヨーロッパ時代あたりから、宝石が装飾に加わるようになります。当時はダイヤモンドではなく、カラーストーンが主に使われていました。現在のようにダイヤモンドが使われるようになったのは、15世紀ごろからです。今から500年ほど前、ダイヤモンドの研磨技術が開発され、この石が宝飾品としての評価を得た時代です。世界で最初にダイヤモンドの婚約指輪を贈られたとされるのは、ブルゴーニュの公女マリーという女性でした。日本では、高度経済成長の時代にダイヤモンドの輸入が解禁されました。それに加え、販売会社の「婚約指輪は給料3ヶ月分」というキャッチコピーが浸透し、ダイヤモンドの婚約指輪が普及したのです。

ダイヤモンドの意味とは

婚約指輪にダイヤモンドが使われるのは、石そのものの価値だけではありません。もちろん、ダイヤモンドは宝石の中でも希少性が高く高価な石です。しかし、それだけではなく、その特性によっても婚約指輪にふさわしいとされているのです。ダイヤモンドは自然界で最も硬い物質とされています。その堅牢さを二人の絆の固さに譬え、永遠の絆の象徴とする考え方があります。また、「ダイヤモンドは永遠の輝き」という有名なキャッチコピーにもあるように、褪せることのない輝きを二人の変わらぬ愛にも譬えられます。こうした願いを込めるのに、ダイヤモンドという宝石が適していたからこそ、これほどに広く婚約指輪の石として認知され、広まっているのでしょう。